入口 > 短編

チャンミンさんちのゆのくまくん4




ゆのくまは僕が仕事に行ってる間、一体何をして過ごしてるんだろう?



朝は僕のほうが早く起きる。
ゆのくまは、というと、お腹を出して気持ち良さそうにぐぅぐぅ寝てる。



服を着替えて、顔洗って歯磨いて
寝癖の髪を押さえつけて。
食パンを1枚くわえて、カバン持って玄関先に行く。



もう一度、寝てるゆのくまをちらっと見る。



「おいゆのくま、僕もう仕事いくから!朝ごはん作ってないからね!」



・・・僕は律儀だな。



勝手にこの部屋に上がり込んできた得体のしれないくまに、ここまで優しくしてさ。



僕の言葉にゆのくまは「ぐぅ」といびきで返してきた。
もう知るもんか!



玄関をバタンと意地悪く締めて、僕は会社へと急いだ。






その日の夜。


残業を終えて、いつもよりちょっと遅く家路へ。
部屋の灯りがついているのが遠くから確認できる。



ゆのくまのやつ、またなんかやってるな・・・。



そう思いながら、「ただいまぁ」と玄関を開けて部屋に入ると。



ゆのくまは寝転がって、おせんべいを食べながらごろごろしてテレビ見てた。



その姿に呆然として立ち尽くしてる僕に気がついたのか



「あ、おかえりなさいチャンミンさん」



おせんべいを口にくわえながら、僕を見てにっこり笑うゆのくま。



「あのさぁゆのくま・・・。なんか部屋、汚くなってない?」



え?そうですか?、とゆのくまは寝転がったままであたりを見渡す。



クッションやら僕のお気に入りのネックピローは、そこらへんに転がってる。
僕がこの間買ってきた読みかけの漫画本も、いつの間にかゆのくまが拝借してるらしく。
おせんべいのカスもなんだか散らばってるし。



「今日1日なにしてたの?」



そう聞くと。



ゆのくまは「えへへ」と笑いながら
「チャンミンさんの冷蔵庫にあるもので朝ごはんをいただきました。
その後、ちょっとだけ眠くなっちゃって・・・お昼寝してからお昼ご飯しました。
で、またそのあと・・・えぇと・・・また眠くなっちゃったかなぁ・・・どうだったかなぁ」



「一日中食べて寝てたんだ」



あっけにとられた僕の顔を見て、ゆのくまはちょっと慌てたように付け加える。
「あ!このお部屋のお掃除も――」



しましたよ、そう言いたいのだろうが、僕が口を挟んだ。
「部屋、散らかってんじゃん!」
憮然としながら、転がってるクッションとネックピローを拾って、ソファに置いて。
そこにどかっと座る。



むぅ・・・ゆのくまはうなだれて「きれいにしたんですけどね、またちょっと散らかっちゃいましたね」
僕が何も言わないから・・・チャンミンさん、怒ってますか?って聞いてくる。



見りゃわかるだろ。
人が一生懸命働いてる間に、ごろごろして食って寝てるだけ。
僕はそう言ってやりたかったけど。



「チャンミンさん、怒らないで。ね?」



ゆのくまがまた僕のところにごろごろと転がってきて、ふんふん言っている。
「暑っ苦しい!むこうへ行けよ!」


いつものかわいい顔についつい甘い顔してた僕。
でも今日はそうはいかない。



ゆのくまはごろごろあっちに行ったりこっちに戻ってきたりしながら
どうするべきか考えてるらしい。



ふん、謝るまでこっちだって絶対折れないからな。



ゆのくまの出方を待つことにした。



・・・そのうちに、ゆのくまが動かなくなった。



あれ・・・?
どうしたのかな。
もしかして・・・ゆのくま・・反省してる?



僕がキツくあたったから、泣いてるのかな・・・。



気になってそっとゆのくまのところにいって、顔を覗き込んだら・・・。





ぐぅ。



まさか・・・。



案の定
ゆのくまは寝ていた。







4iSVhmgTj_X5VZy1372565785_1372566012.png



スポンサーサイト



短編

チャンミンさんちのゆのくまくん4

2013/08/27



ゆのくまは僕が仕事に行ってる間、一体何をして過ごしてるんだろう?



朝は僕のほうが早く起きる。
ゆのくまは、というと、お腹を出して気持ち良さそうにぐぅぐぅ寝てる。



服を着替えて、顔洗って歯磨いて
寝癖の髪を押さえつけて。
食パンを1枚くわえて、カバン持って玄関先に行く。



もう一度、寝てるゆのくまをちらっと見る。



「おいゆのくま、僕もう仕事いくから!朝ごはん作ってないからね!」



・・・僕は律儀だな。



勝手にこの部屋に上がり込んできた得体のしれないくまに、ここまで優しくしてさ。



僕の言葉にゆのくまは「ぐぅ」といびきで返してきた。
もう知るもんか!



玄関をバタンと意地悪く締めて、僕は会社へと急いだ。






その日の夜。


残業を終えて、いつもよりちょっと遅く家路へ。
部屋の灯りがついているのが遠くから確認できる。



ゆのくまのやつ、またなんかやってるな・・・。



そう思いながら、「ただいまぁ」と玄関を開けて部屋に入ると。



ゆのくまは寝転がって、おせんべいを食べながらごろごろしてテレビ見てた。



その姿に呆然として立ち尽くしてる僕に気がついたのか



「あ、おかえりなさいチャンミンさん」



おせんべいを口にくわえながら、僕を見てにっこり笑うゆのくま。



「あのさぁゆのくま・・・。なんか部屋、汚くなってない?」



え?そうですか?、とゆのくまは寝転がったままであたりを見渡す。



クッションやら僕のお気に入りのネックピローは、そこらへんに転がってる。
僕がこの間買ってきた読みかけの漫画本も、いつの間にかゆのくまが拝借してるらしく。
おせんべいのカスもなんだか散らばってるし。



「今日1日なにしてたの?」



そう聞くと。



ゆのくまは「えへへ」と笑いながら
「チャンミンさんの冷蔵庫にあるもので朝ごはんをいただきました。
その後、ちょっとだけ眠くなっちゃって・・・お昼寝してからお昼ご飯しました。
で、またそのあと・・・えぇと・・・また眠くなっちゃったかなぁ・・・どうだったかなぁ」



「一日中食べて寝てたんだ」



あっけにとられた僕の顔を見て、ゆのくまはちょっと慌てたように付け加える。
「あ!このお部屋のお掃除も――」



しましたよ、そう言いたいのだろうが、僕が口を挟んだ。
「部屋、散らかってんじゃん!」
憮然としながら、転がってるクッションとネックピローを拾って、ソファに置いて。
そこにどかっと座る。



むぅ・・・ゆのくまはうなだれて「きれいにしたんですけどね、またちょっと散らかっちゃいましたね」
僕が何も言わないから・・・チャンミンさん、怒ってますか?って聞いてくる。



見りゃわかるだろ。
人が一生懸命働いてる間に、ごろごろして食って寝てるだけ。
僕はそう言ってやりたかったけど。



「チャンミンさん、怒らないで。ね?」



ゆのくまがまた僕のところにごろごろと転がってきて、ふんふん言っている。
「暑っ苦しい!むこうへ行けよ!」


いつものかわいい顔についつい甘い顔してた僕。
でも今日はそうはいかない。



ゆのくまはごろごろあっちに行ったりこっちに戻ってきたりしながら
どうするべきか考えてるらしい。



ふん、謝るまでこっちだって絶対折れないからな。



ゆのくまの出方を待つことにした。



・・・そのうちに、ゆのくまが動かなくなった。



あれ・・・?
どうしたのかな。
もしかして・・・ゆのくま・・反省してる?



僕がキツくあたったから、泣いてるのかな・・・。



気になってそっとゆのくまのところにいって、顔を覗き込んだら・・・。





ぐぅ。



まさか・・・。



案の定
ゆのくまは寝ていた。







4iSVhmgTj_X5VZy1372565785_1372566012.png



スポンサーサイト



チャンミンさんちのゆのくまくん3

2013/08/21



それから・・・僕とゆのくまの奇妙な生活が始まった。


得体のしれないくま・・・それがゆのくまだ。


人間のようにも見えるが、耳やしっぽは明らかにくまのそれ。


肌を撫でると、くまのような毛はないけど、「ふわっ」としている。
なぜだか頬ずりしたくなるような「やわらかさ」。


ちょっと優しく声をかけようものなら、ごろごろ転がってきて僕の膝に頭を乗っけてきて
ふんふん言ったり、にこにこしたり。



一体おまえは何者だ。



「はい、僕はゆのくまです。チャンミンさんちでごろごろするのが好きです」



そのあと、あ!とつぶらな目を精一杯大きくして



「それと、チャンミンさんも大好きです!」



そんなふうにとってつけたように言うからさ。



「ゆのくま・・・僕に気に入られようとしてそういうこと言ってるでしょ」



意地悪な質問を投げかけてみると



むぅ・・・・ゆのくまはちょっとうなだれて丸くなる。



「どうしたの、ゆのくま?」



そばに寄って様子をみると・・・。



ちょっとだけ悲しい顔してるからさ・・。



「うそ、冗談だよ、ゆのくま。いいよ、好きなだけここにいても」



そういうと、ゆのくまはがばっと起き上がって、クローゼットから何かごそごそ探している。



何だろう、と見ていると。



「あ、見つけました!」



何かを見つけたらしい。



嬉しそうな顔をして、手にしてるのは・・・僕のネックピロ-。



それを掴んで、僕のところにやってきた。



「あのぅ、チャンミンさん、これ・・・。」



ふんふん言いながら、ゆのくまは自分の首にネックピロ-をはめて
ごろんと寝転んだ。



「これ~、とっても気持ちいいです」



ほへ~と、幸せそうな顔して寝転がってるから。



「・・・・いいよゆのくま、それ・・・貸してあげる。僕の・・・」



お気に入りの、と言いかけて。



ゆのくまを見ると。



ぐぅ・・・。



あれ・・・寝てる。



・・・ったくもう。



こんなマイペ-スな奴、初めてだ。



仕方ない。



そこらへんに転がって寝てても一向に構わないのだけど。



夏だからといってそのまま寝てしまったら夏風邪をひくだろうから。



(風邪ひかれたら看病するのは僕なんだし・・・。)



・・・ってことで、そっとやわらかそうなお腹の上に、タオルケット1枚、掛けてあげた。



ゆのくまはむにゃむにゃ何か言いながら、気持ち良さそうに寝てる。



一体どんな夢を見てるんだろう、ゆのくま。





4iSVhmgTj_X5VZy1372565785_1372566012.png




チャンミンさんちのゆのくまくん2

2013/08/14



「ゆのくま・・?それって・・・・」



「はい」



その男は、僕の次の言葉を待っている。



「それって・・・・本名ですか?」



そんなことを聞かれるとは思ってなかったみたいで、その男・・・ゆのくまは
つぶらな瞳がちょっとだけ糸っぽくなった。



「そ・・そうですけど。・・・ゆのくまが僕の名前です」




くま・・・って・・。
いや、待てよ。
ちょっと見、普通の人っぽいけど・・。
よく見ると・・・あれ・・・耳・・・?
柔らかそうな髪の毛の合間から二つ・・・耳みたいなものが・・。



僕は近寄って、その耳らしいものを引っ張ってみる。




その男・・・いや、ゆのくまは「きゃ」と短い声をあげて痛がった。



あれ・・?



ゆのくまが僕に背を向けた瞬間、
今度は、しっぽみたいなものがお尻にくっついてるのが見えた。



僕はかがんでそれも引っ張ってみた。



「きゃ!」



またゆのくまは痛がって丸くなった。



その姿を見て、なんだか気の毒になった。



「ゆのくま、ごめんね」



丸まっているゆのくまにそっと声をかけてみる。



むぅ・・・ゆのくまは唸っているのか、微かな声が聞こえた。



「ゆのくま、痛かったね。ごめん」



もう一度、謝って、そっとゆのくまの頭を撫でてやる。



するとゆのくまは
ふんふん言い出して、ごろごろと寝転がりながら僕の膝に頭を乗せてきた。



目が合うと、にっこり笑うゆのくま。



なんだか・・・かわいいな。



僕はすっかりこのゆのくまがどこから来たのかも忘れて、
そんなことを思った。






iOQOAXmuAzBblkh1372566283_1372566434.jpg







チャンミンさんちのゆのくまくん

2013/08/13



その日の晩も、特に何も変わらない夜のはず・・・だった。


毎晩残業で帰りが遅い僕は、仕事帰りに外で夕飯を食べて自宅に戻る。
一人暮らしのアパート。


カバンから鍵を出して、ドアを開ける。



あれ・・・?
部屋の灯り・・・。



部屋の灯りつけっぱなしだったっけ・・・?
いや、そんなはずはない。


結構几帳面の僕は、出かける前に戸締りと電気の消し忘れがないかをしっかり確かめるのが習慣だ。


おかしいな。
靴を脱いで部屋に向かうと。



「あ、おじゃましてます」



そこには、見知らぬ男が・・・寝転がっていた。



・・・誰、この人・・。




その男は、ごろごろしながらくつろいでる様子。
僕はその男の顔を見て、必死に誰だったか思い出そうとするけど。



知らない。
会ったこともない。



なんでそんな男が僕の部屋に!?




「あ・・・あの・・・」
あなた、誰?と言いかけると




「はい、なんでしょう?」




僕の問いかけに、その男はにっこり笑う。




「失礼ですが・・・どちら様でしょうか?」



そんな風に聞かれても、その男はたじろぐ様子もない。
まさか部屋、間違えてないよな。
僕は部屋をきょろきょろ見渡す。




・・・やっぱり自分の部屋だ。




「ここ、チャンミンさんのお部屋ですよ。間違っていません」




男はにっこり笑って、なおもくつろいだ姿勢を変えない。




「ですよね?ここ、僕の部屋ですよね?あなた・・・」




よく見ると、僕のお気に入りのネックピローがその男の首にあった。




「あ、これいいですね。気持ちよくって昼間うたた寝しちゃいました」




昼間!?
この男、ずっとこの部屋にいるのか?




図々しいにもほどがある!



「ちょっと!」



その男の首ねっこを捕まえて、僕のネックピローを取り戻した。



男は抵抗することもなく、されるがままだ。




「あ、あんた誰なんですかっ!」




その呑気さにイラっときてついに聞いた。




「あ、まだ自己紹介まだでしたね。僕、ゆのくまといいます」




その男は、寝転ぶのをやめて正座をして、ちょこんと僕におじぎをした。






SpvHMQ5CPkKl2Bb1376365879_1376365957.jpg

暑い日が続きます。皆さんお元気でいらっしゃいますか?
いよいよ今週末、日産ですね。
ユノとチャンミンは連日リハでしょうか・・?
ちょっと脱線して、このお話を書いてみました。
ユノは「虎」とか「豹」とかというより、最近「くま」っぽく見えて仕方がないんです。^^








I call your name/ I heard your voice

2013/05/29



些細なことで、きみとケンカになった。


いつもだったら、ムキになって言い返してくるきみが愛おしくて
だからもっともっと意地悪なこと、わざと言ってしまって
そして、最後に黙りこくって、きみの眉が困った風に下がっちゃうのを見て


きみに謝る。


ごめんな。


きみのこと、好きだから。
ちょっとだけ、困らせたくなる。


でも、今日のケンカは、きみを傷つけた。
そんなつもりはなかったのに、
いわゆる、売り言葉に買い言葉。


ちょっとだけ困らせる、なんて可愛げがないケンカをしてしまった。


そして、きみを泣かせた。


きみの、すべすべでぷっくりしたほっぺたに
あれ?って気がついたら、涙が一粒ぽろっと落ちて。


あ・・・って思った瞬間。
きみは部屋を出て行ってしまった。


こんな夜遅い時間に、一体どこに行くんだよって言いたかったけれど。
遅かった。


おまけに、外は雨が降ってる。


傷つけてしまった上に、
きみを一人で雨の夜に彷徨わせてしまうことはできない。


きみを追いかける。


エレベーターはすでに階下に行ってしまっていて
↓のボタンを何度も何度も押して、やっと上がってきた。



こんな夜、きみは一体どこに行こうとしてるんだろう。


下がっていくエレベーターの中で、きみの携帯に電話をする。


もちろん・・・出ない。
出るわけがない。


必死になって追っかけたけど。
時すでに遅し。


きみの行きそうなところ。
考えるけど・・・思いつかない。


友達のところ・・・なんて
きみは行かないだろうな。


ずぶぬれになった姿で、「今晩泊まらせて。ケンカしちゃったから」なんて友達に言うきみを想像できない。


きっと。
心配かけたくなくて、きみは結局自分で我慢しちゃうんじゃないか。


そんな愛しいきみを、泣かせてしまった自分。


大通りを走って。
右、左、きみを探すけど、きみの姿はどこにもない。


路地を回って。
きみがもしかしたら、軒先でひっそり雨宿りしてるんじゃないかって。
上、下、きみを探すけど。


やっぱり、きみの姿を見つけ出せない。


もう一度、きみの携帯を鳴らす。


コール音がずっと鳴り響いて、そのうちに留守電に切り替わる。


どこにいる?
風邪ひくから帰っておいで。
それと・・・ごめん。


メッセージ、聞いてくれるかどうかわからないけど。
無言で切ることなんて到底できなくて。


気がつくと、自分も全身ぴしょ濡れになっていて。
きみだって・・・同じだよね。


傷つけて・・・ホントごめん。
そんなつもりじゃなかった。


でも、そんな言い訳。
だめだよな。


ずっとずっときみを探すけど。

きみはどこにもいない。


自分がしてしまった事の重大さが、今更ながら肩にのしかかって来て。


もし。
きみを失うことになったら。


後悔することになるから。


情けない自分。


気がついたら、きみの名前を呼んでいた。


どこかで。
この声がきみに届いていたら。


どうか。
戻ってきて。



でも・・・・結局、きみを見つけられなかった。


へとへとになって
しずくを垂らしながら、マンションに戻ると。


エントランスに、ぼんやり人影があった。


まさかと思って、駆け寄る。




きみだった。




チャンミン。




ごめん。




ごめんな。




きみはちらっと僕を見て。




声が・・・聞こえたから・・。



きみがぼぞっと言う。



え?・・・声?



ん・・・僕の名前・・・呼ぶ声。
だから、帰ってきた。



ああ・・・!チャンミン。



よかった・・・よかった・・・。声、届いたんだね。



無言で、きみの肩を抱く。



もう・・・こんなケンカ、やだ。



きみが呟く。



ああ・・・もうこんなケンカ、俺もやだ。
お前がいなくなったら・・・俺、おかしくなっちゃうよ。
ごめんなチャンミン。
もう、同じこと、繰り返さないから。



・・・約束、だよ?ヒョン。




うん。もう、絶対しない。



じゃあ・・・部屋、戻る。



うん。戻ろう。



きみが、手を繋いでくれた。



あったかかった。



チャンミン、ごめん。
それと、ありがと。



そう言ったら。


きみが笑った。


恥ずかしそうな顔して。




二人して、ずぶぬれになって、
きみの手をきつく握って。




そして部屋に戻った。







チャンミン6-1
更新が滞っておりまして、ご心配おかけして申し訳ありません。
そんな中、足を運んでくださる皆様に感謝しております。ありがとうございます。
Stay goldも次のお話が準備出来しだい、アップしてまいります。