入口 > ぼくのうちに居候がやってきた

夏の日の思い出4




週末が明日に近づいてきた。


毎晩毎晩、僕はいつものように残業をして、へとへとになってアパートに戻る。


最近はめっきり帰宅時間が遅いから、ユノには先に夕飯を食べててねって伝えてある。


「はい、わかりました」


ユノは素直にそう言って、僕が帰るとお風呂上がりのぽやんとした顔して
僕をずっと待っててくれるんだ。


この間は帰りにコンビニでさちえさんに会って、
ユノが週末の夏祭りを楽しみにしてるってことを聞いて
アパートに帰るなり、僕はユノを抱きしめてしまった。


「チャンミンさん、どうかしましたか??」


いきなり玄関先で僕に抱きしめられて、ユノは目を白黒させてたけど。


ううん、なんでもないよ。
ただユノさんのこと、ギュッとしたかっただけ。


ん?


ユノの肩ごしに、部屋の窓際に何かがぶら下がってるのが見えた。


・・・何、あれ?


僕にそう聞かれて、ユノは「えへへ」とくすぐったそうに笑って。


「・・・てるてるぼうず、作りました」


ああ!


雨、降らないように、ね?


はいっ!


ユノが嬉しそうに返事する。


どれどれ、天気予報・・・


そう言ってテレビをつけて明日の天気予報を確認すると・・・。



晴れ!



ふふふ、とお互いに目を合わせて笑い合う。


明日は何時からお祭りだっけ?


はいっ、あしたは6時です。


ユノはあのチラシに書いてあったことをすべて暗記してるようだった。
バイトの休憩中にもアパートに帰ってからも、もらったチラシ、何度も見てたんだもんね。


あはは、ユノさんに聞いたら全部わかるね。


はいっ!僕、もう全部覚えちゃいました。


・・・そんなユノが、愛おしい。


仕事も一応明日のために片付けて来たから、明日はゆっくりできる。。


久しぶりに1日ずっとユノと一緒にいれる。


僕も心が踊った。


ユノがずっと楽しみにしてた、夏祭り。


明日が待ち遠しい。


その晩、ユノも僕も、なかなか寝付けなかった。


まるで、明日の遠足を楽しみにしてる子供みたいで、
布団に入ってふたりして、おかしくて笑ってしまった。




DTTV682YljUwJ5n1362922502_1362922746.jpg





スポンサーサイト



ぼくのうちに居候がやってきた

夏の日の思い出4

2013/09/24



週末が明日に近づいてきた。


毎晩毎晩、僕はいつものように残業をして、へとへとになってアパートに戻る。


最近はめっきり帰宅時間が遅いから、ユノには先に夕飯を食べててねって伝えてある。


「はい、わかりました」


ユノは素直にそう言って、僕が帰るとお風呂上がりのぽやんとした顔して
僕をずっと待っててくれるんだ。


この間は帰りにコンビニでさちえさんに会って、
ユノが週末の夏祭りを楽しみにしてるってことを聞いて
アパートに帰るなり、僕はユノを抱きしめてしまった。


「チャンミンさん、どうかしましたか??」


いきなり玄関先で僕に抱きしめられて、ユノは目を白黒させてたけど。


ううん、なんでもないよ。
ただユノさんのこと、ギュッとしたかっただけ。


ん?


ユノの肩ごしに、部屋の窓際に何かがぶら下がってるのが見えた。


・・・何、あれ?


僕にそう聞かれて、ユノは「えへへ」とくすぐったそうに笑って。


「・・・てるてるぼうず、作りました」


ああ!


雨、降らないように、ね?


はいっ!


ユノが嬉しそうに返事する。


どれどれ、天気予報・・・


そう言ってテレビをつけて明日の天気予報を確認すると・・・。



晴れ!



ふふふ、とお互いに目を合わせて笑い合う。


明日は何時からお祭りだっけ?


はいっ、あしたは6時です。


ユノはあのチラシに書いてあったことをすべて暗記してるようだった。
バイトの休憩中にもアパートに帰ってからも、もらったチラシ、何度も見てたんだもんね。


あはは、ユノさんに聞いたら全部わかるね。


はいっ!僕、もう全部覚えちゃいました。


・・・そんなユノが、愛おしい。


仕事も一応明日のために片付けて来たから、明日はゆっくりできる。。


久しぶりに1日ずっとユノと一緒にいれる。


僕も心が踊った。


ユノがずっと楽しみにしてた、夏祭り。


明日が待ち遠しい。


その晩、ユノも僕も、なかなか寝付けなかった。


まるで、明日の遠足を楽しみにしてる子供みたいで、
布団に入ってふたりして、おかしくて笑ってしまった。




DTTV682YljUwJ5n1362922502_1362922746.jpg





スポンサーサイト



夏の日の思い出3【ユノちゃんとチャンミンさんのお話】

2013/09/10



週も半ばをすぎて、仕事が本当に忙しくて
今日は一体何曜日なのか、ふとわからなくなる。


今週末はユノと夏祭りに出かけると約束してるから。
前もって仕事をできる限りやってしまおうと毎晩いつものように残業する。


仕事の帰り、ユノの働くコンビニに立ち寄って。
ビールとおつまみ・・・いつものようにカゴに入れてレジに持っていこうとすると。


後ろから呼び止められた。


振り向くと。


「チャンミンさん、今帰り?お仕事お疲れ様です」


さちえさんだった。


「あ、さちえさん、こんばんは。ええ、今帰るところです。・・・さちえさん、仕事、ですか?」


いつもはこの時間にはさちえさんはいない。


「仕事は終わったんだけど。ちょっと買い忘れちゃったものがあって・・スーパーもう閉まってるから」


チャンミンさんは?ビールとおつまみ?って聞かれる。


あ、はい・・・とぼそっと答えると、


「ユノちゃんがいつもチャンミンさんのこと、嬉しそうに話してくれるから、私たちチャンミンさんのこと
よく知ってるのよ」


そう言われて、気恥ずかしくなる。


「そういえば・・・・」


今週の土曜日は○○神社のお祭りね、ってさちえさんが言う。



「夏祭りのお知らせをユノちゃんに渡したら、お昼休みに
ずっとそれ見てて」



「ああ・・・夏祭り、ええ」



次の日にね、チャンミンさんを誘いました、一緒に行くんです、すごく楽しみです、雨、降りませんように、って
ユノちゃん、毎日毎日お祈りしてるの。
何着ていこうかなあとか言ってたから・・・。



あはは、ユノさんらしいですね。
一緒に行くって約束したんです。



そう。ユノちゃんよかったわ。さ、夜も遅いから気をつけて帰ってね。
おやすみなさい。ユノちゃんによろしく。



支払いが先に終わって、さちえさんは手を振って帰っていった。



僕も、支払いして店を後にする。



そっか・・・ユノさん・・・そんなに楽しみにしてたんだ。
何着てこうかなあ・・・だって。



そんなユノが、愛おしい。



頑張って残業して、必ず夏祭りに行こう。



ユノさんとデート。



僕は、ユノにすぐ会いたくなって、おんぼろアパートに急いだ。









DTTV682YljUwJ5n1362922502_1362922746.jpg



夏の日の思い出2【ユノちゃんとチャンミンさんのお話】

2013/09/09



来る日も来る日もユノはカレンダーを見ながら、町内の夏祭りを心待ちにしているようだった。



夜遅く仕事から帰ってきて、いつものように二人で一緒に夕御飯を食べて。
ユノが、後片付けするからお風呂どうぞ、って言ってくれる。



「チャンミンさん、お仕事は相変わらず忙しいんですね」



風呂からあがると、ちらっとユノがそんなこと言うから。



「うん、まあね。プロジェクトで立て込んでるんだよ今」



「・・・・そう・・ですか・・・」



ユノから話を振ってきておいて、そんな風にそっけない感じで会話が途切れる。



わかってるよ・・・・僕の仕事が忙しいから今週末の夏祭りにちゃんと行けるかどうか不安なんだろう。



ユノのことだから、夏祭りより仕事を優先してほしい、って思ってるんだよね。



でもユノはお祭りをすっごく楽しみにしてるのがわかる。



僕の仕事の心配と、お祭りに行きたい、っていう願望で、いろいろユノなりに葛藤があるんだろうな。



だからそれ以上何も言えなくなっちゃうんだろうな、って。



「ユノさん?」



台所で洗い物してるユノの後ろに立って、声をかける。



「・・・はい・・」



振り向かないでちっちゃい声で、返事だけするから。



「・・・忘れてないよ」



そう言って、ユノの背中を抱きしめる。



ユノは洗い物の手を止めて、黙ってる。



「聞こえた?今言ったこと」



ユノは無言でこくんと頷く。



「約束したじゃんユノさん。お祭り、一緒に行くって」



はい・・・でも・・・。



またユノが口篭る。



「でも、なに?」



背中越しでユノの表情がわからないから、こっちが不安になる。



「・・・チャンミンさん、お仕事で忙しいのに僕・・・・」



うん・・・ユノさん、わかってるよ。
でも僕もユノさんとお祭り行きたいんだよ。
だから、ユノさんがあれこれ心配することじゃないよ・・・でも、ありがとう。



そう言って、ユノをぎゅっとする。



「チャンミンさん、僕、夜店で金魚すくいしたいです。あと・・」



子供みたいに嬉しそうにユノがあれこれ話し出すから。



「うん、楽しみにしてる。一緒に行こう」



「はいっ!」



仕事はなんとかするから心配しないで。



僕の言葉にユノは安心したようで。



はい!もう僕、大丈夫です!って、すごく嬉しそうな顔する。



・・・素直だな。



ユノはいつも他人の立場で物事を考えるから
我儘いわないんだけど・・・。



その分、自分の気持ちにも素直で。



だから。



絶対シアワセにしてあげたいし、ユノと一緒にシアワセになりたいって思う。



僕はもう一度、ユノが○つけたカレンダーを見て、夏祭りの日にちを確認した。





iOQOAXmuAzBblkh1372566283_1372566434.jpg




夏の日の思い出【ユノちゃんとチャンミンさんのお話】

2013/09/03



仕事を終えて、おんぼろアパートに帰る。


アパートへと続く道を歩くたびに、僕は想う。



灯りがついてる僕の部屋。



僕を待っててくれる人がいるっていう「しるし」。


残業で疲れて帰ってきても、その灯りを見ると不思議と気持ちが軽くなる。



外階段をカンカンと上がっていくと、僕の部屋は一番奥にある。
その日もゆっくりとした足取りで階段を上がっていくと。


部屋の前に、人の気配がした。


ぼんやりと電信柱のあかりに照らされた、その人影を目を凝らして見ると。



「チャンミンさぁん。おかえりなさい」



ユノだった。


いつものにこぉ顔をして、そこに立っている。



「あれっ、ユノさんどうしたの?」



ユノのかわいらしい笑顔と、部屋の外で立っているというシチュエーションが読めなくて
僕は小走りにユノの元へ走った。



「さっきから部屋の窓からチャンミンさん帰ってくるかなあと思って見てました。
そしたらチャンミンさんがてくてく向こうから歩いてきたのが見えました。
今日はちょっと涼しいから・・・お外でお迎えです」



ふふふと笑って、僕の鞄をとって部屋のドアを開けようとするから。



ちょっと待って、とユノを制止する。


「風が気持ちいいねユノさん。ちょっとここで涼もうか」


ユノの手を軽く引っ張る。


「はいっ!」


嬉しそうな顔をして、僕の鞄を玄関の前に置いて。




ひんやりした風が僕とユノのそばを通り過ぎる。
日中は厳しい残暑が続きそうだけど、夜になると秋の訪れを感じる。



「もう9月だね」



「そうですね。もう9月です。秋・・・ですねチャンミンさん」



「夏が終わっちゃうのは・・ちょっとさみしいね」



「・・・はい。夏、楽しかったです」




今年の夏。


ユノと出会って、初めての夏。




「ユノさん、今年の夏は何が一番楽しかった?」



そう聞かれて、ユノは、うぅん・・・とちょっと考え込んでる様子。



「・・・毎日楽しかったです。・・・でも、やっぱりチャンミンさんとこの間行った夏祭りが楽しかったです!」



そう。


町内会の、お祭り。


ここからもうちょっと歩いたところに、神社があって。


そこで毎年、夜店が出るんだ。


僕は、といえば、それまで仕事仕事で、お祭りなんて出たこともなく。


もしユノがいなかったら、今年もアパートでのんびりビールでも飲んで終わってたんだろうと思う。




「チャンミンさん、今日店長さんからこんなのもらいました」


そう言ってユノが差し出した一枚の紙を見ると、○○神社のお祭りのチラシだった。


「ああ、それ、あそこの神社でやる夏祭りだよ」


ユノはそう言われて、一生懸命そのお知らせのチラシを読んでる。


「夏祭り・・・ですか?・・わぁぁ、盆踊り、夜店・・・楽しそうですねチャンミンさん」


そういえば・・!とユノは話を続ける。


「朝早くとか夕方とか、なんだか笛や太鼓の音が聞こえますね!」


そう言って、ユノはマジックでカレンダーの日付に○をつけた。



ユノさん、夏祭り行きたいのかな・・・。



「週末だから仕事もないし。お祭り・・・行ってみようか」


ぼそっと言うと、ユノは飛び上がって喜んだ。


「ええっ!?いいんですか?チャンミンさん、最近お休みの日もお仕事行ったりしているから・・・」


それはそうなんだけど・・・。
ユノのその喜びようを見たら、行かないわけにはいかない。



その日から、ユノはカレンダーを見ながら夏祭りの日を心待ちにしているようだった。






iOQOAXmuAzBblkh1372566283_1372566434.jpg

亀更新で本当にすみません。
話がもう少し長くなりそうなので、一旦ここで切りますね。
続きはまたアップします!

Stay Goldもゆのくまくんも途中になってしまっていますが・・・。
タイミングを見て、改めて更新する予定です。

暑い日が続きますが、皆さんご自愛くださいませ。




夏の、花火 [ユノちゃんとチャンミンさんの、夏]

2013/07/19



暑い日が続く。
昨日も今日も、猛暑日。



残業を終えていつものコンビニに立ち寄る。
この時間には大学生のバイトの子がレジにいる。
毎度のように、ビールとおつまみを買って。



「ありがとうございました~」



コンビニを出ると、やっぱりうだるような暑さ。



こんなんじゃ、アパート着く前にビールを飲みながら帰りたくなる。



暑い~暑い~。
何度言っても、涼しくなるわけじゃないけど。
言わずにいられない、この暑さ。



フラフラした足取りで行くと、向こうにアパートが見えてくる。
そう。



僕とユノが住む、あの、おんぼろアパート。



電気がついてる。
ユノ、やっぱり起きてるな。



カンカンと外階段を上がって、あつ~・・ったく・・・ってブツブツ言いながら
ドアをノック。



「はぁ~い!」



ユノの元気な声。



ドアが開いて、ユノのにこぉっとした顔が僕を出迎えてくれる。



「おかえりなさ・・・わぁチャンミンさん、すごい汗です!」



目をまんまるにして驚くユノを見ると・・・。



「あれ・・?ユノさん・・・それ・・・・」



僕の言葉に、ユノは「ふふふ。どうですか?似合いますか?」と言って、玄関先でくるっと回ってみせる。



「チャンミンさんのも、買っちゃいました」



これです!どうですか?と得意げに奥の部屋からユノが嬉しそうな顔をして持ってきた。



甚平。



チャンミンさんと僕の、お揃いです。
そう言ってユノが僕の体に甚平をあてて、「はい、似合いますね!よかったです」と、うんうん満足気に頷いてる。



ご飯あっためて用意しますから、チャンミンさんシャワー浴びてきてください。
そしてこれ着てください。



さぁさぁ、とユノに急かされて風呂場に行く。



さっとシャワー浴びて、ユノが買ってくれた甚平着てみる。
あはは・・・鏡に映る自分を見てちょっと笑った。
なんだか・・・気恥ずかしいな。



ちょっとオドオドして部屋に戻ると。
いつもの定位置にちょこんと座って僕を待つ、ユノと目が合った。



わぁぁチャンミンさんぴったりですね?・・・かっこいいです。



こそっと言うから、わざと「え?なんて言ったのユノさん?」って聞きなおす。
ユノは照れて「独り言です~ふふふ」と笑ってごまかすから、「なに~?もう一回言って?」って
ユノさんを後ろからぎゅってする。



言わないと離れないよ!って、子供みたいにふざけて駄々こねてみる。
ふふふ・・・じゃあもっと言いません。内緒です!ってユノはもっと嬉しそうな顔するから。



ユノさん、ありがと。大切に着るね。



耳元で呟く。



どういたしましてチャンミンさん。



二人でお揃いの甚平着て、
ユノにビール注いでもらって。
ユノが作ってくれたおかず食べながら、ふと見るとユノはいつもどおりもりもりご飯食べてる。


夏バテしないのかな、っていうぐらい。


はい!僕、暑くてもなんでも食べます!
明日はチャンミンさんが好きなカレー作ります!僕、頑張ります!



いつものユノ。
いつでも元気。
ユノがずっとずっと一緒にいてくれるから、僕はしあわせだ。



あ・・・そうでした!
何かに気がついて、ユノがお箸を置いて、キッチンに置かれたスーパーの袋を持ってくる。



チャンミンさん?



ん?



ご飯食べたら・・・これ、やりましょ?



なに?
ユノが袋から出してくる。



花火・・・。



はい!花火です。スーパーで見つけました!
僕、花火、好きです。チャンミンさんと花火、したいです!



花火かぁ・・・そうだね、夏だしね。
じゃ、ご飯食べたらやろうか!



はいっ!



ユノ、子供みたいに嬉しそう。



食事を終えて、二人で甚平姿で下の駐車場へ
水の入ったバケツと花火の袋を持って降りていく。



ロウソクに火をつけて。
二人でこじんまり。



夏の、花火。



きれいだね。



はい、きれいです。僕・・・子供の時、家族で花火したの・・覚えてます。



ぽつんとユノが言う。



妹のジヘが怖がって花火持てないから、僕が一緒に持ってあげました。
お父さんもお母さんも一緒にやりました。



楽しかったんだね、ユノさん。



はい。楽しかったです。



ちょっとだけしんみりする。
ユノは、自分の家族のこと、思い出してるんだね。



黙って二人で、花火のヒカリを見て。



そっと。



ユノの手を探して。



つなぐ。



これからは・・・ずっと・・・ずっと
一緒だよ、ユノさん。
僕とユノさんは、家族だから。




そう言いたくて。
そっと心で呟いて、ユノの手をぎゅっとする。



はい・・・。



僕の心の呟きが聞こえたかのように
ユノが返事する。




夏の、花火。




ユノと、初めての、夏。




ユノがにっこり笑って、僕の肩にちょっとだけもたれ掛かる。




花火の灯りに照らされた、僕とユノの影が。




一つに重なった。







I8tuFUGirc2S2kP1372565111_1372565288.jpg
久々のユノちゃんとチャンミンさんのお話です。
最近更新ができておらず、ご心配かけてすみません。元気でやっています。
いつも拍手コメントくだってありがとうございます。
改めて、近々、近況も含めて「つぶやき」をアップしますね。

暑い夏はこれからですね!皆様、ご自愛ください。