入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイトstay gold > stay gold 25

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

stay gold 25




無事、試験が終わった。
試験勉強中は部活もなかったし、ユノさんとも会えなかったけど。
勉強を疎かにしたら本末転倒だから・・点数はいつもどおり、ちゃんと取った。

部活も再開して、湖に出かける。
なんだか体がなまって、思うように動かない感じがするけど。
いつものように筋トレとマラソン。

・・・ユノさんが今日湖に来てくれたら・・また甘えちゃうな。
アパートに押しかけて、またユノさんの写真撮って。
でも今日はできない。
ちょっと参考書を買いに行かなくちゃいけなくて。
部活が終わったら、帰り道にある本屋にいかなきゃいけないんだ。


結局ユノさんとは会えずに。
ちょっとがっかりして仕方なく書店に向かう。


えっと・・・参考書は6階か・・・。
エレベーターを待つけれど・・・なかなかこないから。
待つのもめんどくさくなって、階段を使うことにした。

休み明けの部活で頑張りすぎたっていうのと、ユノさんに会えなかったこともあって
4階まで上がって、あともう2階ってところで、もうしんどくなった。

はぁ、って大きなため息ついて、とぼとぼ階段上がってくと。
何か気配がした。
・・・誰かが上の階から降りてきたみたいで。

顔も上げないでいるとすれ違う時に。


「・・・・チャンミン・・・?」


不意に名前を呼ばれた。


・・・びっくりした。
そんなところで僕の名前が呼ばれるなんてこともそうだけど
それが・・・ユノさんだったから。


「どうしたのチャンミン?こんなとこで会うなんて・・・!」


ため息ついて疲れた顔してただろう自分の気分が、一気に上がる。


「あっ、えっと・・・参考書・・・買わなきゃいけなくて」


そうなんだ・・部活終わったとこ?試験、どうだった?

あ、はい。大丈夫でした。無事、終わりました。

そうか、よかった。

ユノさんは・・・?

あ、うん。ちょっと写真関連でチェックしたい本があったから。今、帰るとこ。


せっかく会えたのに。
僕は咄嗟にユノさんに聞いていた。


あ、あのっ、ユノさんこのあとバイトですか?

ん?今日はバイトの日じゃないよ。

予定・・何かありますか?

・・特に・・・なんもないけど・・・。

じゃあ・・・ユノさんのアパート行っていいですか?


ユノさんは笑う。


試験頑張ったごほうびね。いいよおいで。

やった!思わずガッツポーズ。


あ、すぐ参考書買ってきます。ユノさん待っててもらってもいいですか?

んじゃ、一緒に行くよ。


目当ての参考書はすぐに見つかって。
帰るときも、エレベーター使わずに、階段で行きましょうってユノさんに言う。
チャンミン疲れてんじゃないの?って言われて、一生懸命否定する。

階段使う人、誰もいないから。
ちょっとだけ二人っきりになれるし。


チャンミン、ここの本屋よく来るの?

はい。だいたい6階が多いです。

そうなんだ。俺も、ここよく来るよ。買った本とかすぐ読みたくて、誰もいない階段に座って読んだりしてる。

じゃあ僕も今度から、階段に座って・・・本読もうかな。

静かで誰にも邪魔されないから、結構穴場だよ。立ち読みはできないけどさ。

・・じゃあ、今度・・。

ん?

今度、本屋さんで待ち合わせとか・・・しませんか?

え?

え、っと、あの・・・本屋さんで待ち合わせしたら・・・自分の時間も有効活用できるし。

チャンミン、俺と待ち合わせって・・・どっか行きたいとこでもあるの?

え?あ、いえ、その・・あの・・・本屋で待ち合わせして・・・ユノさんのアパート・・行くってこと・・です。


ユノさんは、一瞬「へ?」って顔をして。
そのあと、吹き出して大笑いされた。


それなら別に待ち合わせする必要ないんじゃないの?俺んち知ってるじゃんチャンミン。

そ、そうかも・・しれないです・・けど・・。


恥ずかしくて下を向く。
確かにそうだけど・・・「待ち合わせ」っていうのが・・なんだかウキウキするんだ。
相手が来る間に、まだかなって・・その人のこと考えてドキドキするのが・・楽しいな、って。


いいよ。チャンミンがそうしたいなら。今度はじゃあ、ここの階段で待ち合わせね。・・あんまりここを待ち合わせ場所にする人、いないと思うけど。


笑いながらそう言われて。


ユノさんと会うための・・待ち合わせの場所。
ユノさんと、僕の、場所。


胸がぎゅっとして。
嬉しくて、そして、せつなかった。




チャンミン4-1





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。